「日記」カテゴリーアーカイブ

任天堂法務部の倒し方。知ってますよ。死ぬがよい

孫正義の倒し方、知ってますよ。討伐済みです

もっと強い詐欺師と戦いたい!

第二次スーパー詐欺師大戦!逆襲の孫正義の野望 !

開幕!!

 

…にはならず、「オーバーフロー!」の一瞬でMoneyを失った孫正義は、主に法律を使ってMoneyを取り返しに来るでしょう。

しかし既に法曹会には、地球最強の「任天堂法務部」をも凌駕する、宇宙最強の弁護士が居るのであった…。

逆転裁判成歩堂龍一…よりにもよってまたしても、ゲーム会社CAPCOMのキャラクターである。

 

損「よし!こいつに頼めば俺のMoneyは返ってくるぜ!楽勝だ!ざまぁみやがれ瞬!今度はてめぇのMoneyをゼロにしてやるぜ!

 

一瞬の油断が命取り成歩堂龍一は、同じ組織の仲間だったのに孫は気付いていなかったのである…致命的な索敵ミス。

 

孫正義は、自ら「死の選択」を選んでいたことに気付いていなかった…身の程知らずにも程がある。

そして孫正義はんだ

(なお、Creditの無い孫正義の依頼を、なるほど君が引き受けるかは不明です。)

 

この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

 

なお、ここまではプロローグであり、ここからが本編です。

ここからが、実在の任天堂法務部を倒した人物の話です(仮名Y.M)

その人物のエピソードを一つ紹介するとするならば…

  1. スティーブン・スピルバーグという有名な人が会社に遊びに来ました。
  2. スティーブンが、Y.Mの作った布処理を見た瞬間Bravo!!!!!!!!!Give Me Sign!!!!!Please become a Friend!!!!
  3. 一緒にLove & Pieceでパシャリ(Took a photo)

この間、5分間もかかってないんじゃないですかね?

 

で、本題の任天堂法務部 vs Y.Mですが…法廷記録はありません。

何しろ法廷が起こる前に決着済みなので…法廷バトル?起こってないので仮想戦記みたいなもんです。

  • いわっち「3DSで赤外線撮影?嘘つけよ!…なんでできてるの?
  • Y.M「2つのカメラを使ってですね…以下略」
  • いわっち「なるほど…完敗だ…一切の反論すら許されない
  • Y.M「ですが、この機能を使うには…以下略」
  • いわっち「呼べ!どうだ?よしフォーマットは完璧だ!やれ!
  • Y.M「OKではなくGO!ですね。じゃあこの契約書に…」
  • いわっち「(ふふふ…これでこの技術は俺のものだ…ふふふ)」

後日

任天堂法務部「訴えた瞬間、会社が消えます。もうだめぽ

いわっち「(こいつらクソよぇえ…もう死のうかな…)

 

そしていわっちは死んでしまいました…彼の役目は終わったのです。

 

この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

でも、分かる人には答えがすぐに分かります。

バーチャファイター…おおっと。

孫正義の倒し方、知ってますよ。討伐済みです

人類では討伐不可能と思われていた宇宙最強の詐欺師「孫正義」ですが、なんと!既に討伐されていました…。

倒したのはCAPCOMというゲーム会社のTASさん(なんか間違っている気がするので仮)…西暦でいうと2007年6月7日よりちょっと前くらい…でしょうか?(曖昧な表現)

まぁめんどくさいんで、動画で証明しましょう。

オーバーフロー!

たったこれだけで、いきなり奴を破産させる事ができてしまうのです…本当に一瞬で破産です…なんですかこれ?あほらし…。

これだけでは多分駄目なので、当然の如く、オーバーフローと同時にアンチロールバック(あるのかな?)を発動させます。

さらにブラックアウト(停電)発動&デッドロックを狙うため

全発電所の破壊

全補助電源の破壊

全バッテリーの破壊

begin

commit

rollback

savepoint

lock

declare cursor

open

fetch

update

dropdb

delete

rmdir

rm

deluser

groupdel

shutdown

halt

reboot

kill -9

 

とにかくDBを全削除するくらいの勢いで、思い付く限りのsqlやコマンドを、限りなく無限に近い数を一瞬で打ち込むのです!Infinity Command Attack! & HALT  Double!(なんか呪文みたいですが、alphabetは全て単なるsqlやらLinuxのコマンドです。hacker=wizardって奴です)

しかし、こんなの当然の如く孫は対策済みなのです…何しろ奴は宇宙最強の詐欺師ですから…。

つまり…奴もTASを使って迎撃してくるはずです…ということは…。

より強いTASを持っている奴が勝つ!

 

…つまんねぇ。

TASさんは時空を操れる(単にState Loadで、Saveポイントに戻れるだけ)ので、時間という概念は無意味です。

しかし、TASさんのエネルギーは電気らしいので、エヴァンゲリオンで行われたヤシマ作戦みたいに、単なる電力対決となります。

やってることは、ドラゴンボールの元気玉と大して変わりません…あほくさ。

 

そもそも、元ネタの「株トレーダー瞬」が発売されたのは、2007年6月7日なのです。

現在は2019年…12年も前…気付くのが遅すぎです…。

もう、第100億次スーパTAS大戦とかいう、頭の悪そうな戦いをやっててもおかしくないんじゃないですかね…しょうもなさすぎです。

 

この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

自動翻訳機は作れない2

https://translate.google.co.jp/

Google翻訳の機能を見縊っていました。

これ、自分で翻訳用語を追加できるのです。

情報の修正を提案」という機能があるのです。

何故か日本語を日本語に翻訳しても、この「情報の修正を提案」という機能は使えます。訳が分かりません…。

 

とにかく「東証=俺の財布」など、色々追加しまくると、真の翻訳機が完成する可能性があります。

でも判断を行っているのがAIだったとしたら…意味ないですね。

 

バックエンドの処理がわからないので、何も意味のない機能の可能性があります…。

色々翻訳用語を追加していくと、なにか変化が起こるのかは現段階では不明です…。

 

この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

自動翻訳機は作れない…多分

Google翻訳という便利なサービスがあります。

https://translate.google.co.jp/?hl=ja

英語が苦手な私は、かなりこいつを乱用しています。

おかげで海外通販をかなりスムーズに行うことが出来ます。

もう英会話教室とか英語教育とか要らないですね。

 

しかし困ったことに、自動翻訳機は絶対に作れそうにありません。

ためしに「」と入れると「Money」と表示され、

なんか選挙結果みたいな感じになってしまいました。

と入れるとGold」と表示されるべきな気がするのですが…。

ためしに「お金」を翻訳すると

まぁ、結局は「money」なのですが、なんでmが小文字なんですか?

そして、下の選挙結果みたいなグラフからGoldは消え去りました…言語には確率論が存在するみたいです。

そして「信用」を翻訳すると「credit」みたいです。

信用金庫…なんか街中でそんな看板を見かけます。

クレジットカード…説明する必要無い気がします。

 

借金」という嫌な感じのイメージの単語を入れると「debt

信用創造」という、銀行がよく使う用語があるのですが、これは「借金」と大して変わらない気がします…違うのは対象が企業か個人…でしょう。

 

まぁ要は、「金」という単語一つを英語に翻訳しようとするだけで、これだけ大混乱に陥ってしまうのです。

 

自動翻訳機…完成しそうにないです。

自動翻訳機を作るためには、もうバグや矛盾だらけの世界を再構築するしかないのです…。

そもそも世界の再構築を行う羽目になった場合は、宇宙統一言語を最初に作ればいいのです…翻訳機なんてそれで必要なくなります…。

更に言うと、言語…いらないんじゃないですか?通信機能標準装備ですよ…おそらく全生命体に。

 

この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

匿名配送サービス?ああ、配送できないわ。

もう書くのも嫌なくらい酷い目に遭いました…。

ヤフオクで起こっているので、孫正義のサービスですが、メルカリとかでも同じみたいです。

そのサービスの名は

匿名配送サービス

です。

一見匿名で配送できるので、便利なサービスに思えますが、全然違います。

こいつの正体は

配送不可能サービス

なのです…自分で書いてて意味がわかりません…。

 

仕組みを説明します。

  1. 郵便物を送るために、郵便局に荷物をもっていきます。
  2. 郵便局員が荷物の大きさ調べます。そして配送手続きに入ります。
  3. 郵便物が、何故か大きさとか重さとか、適当な理由で配送不可能で返ってきます。そして再配送は不可能です。
  4. 合法的に送り先を調べる手段は存在しません。詰みです。

 

ここで重要なのは、2の郵便局員の存在です。

2の郵便局員が、荷物の大きさを調べて、「配送OK」という嘘の許可を出した場合、送り主に荷物を送り返して配送を無効化する事が可能なのです。

つまり、2の郵便局員は「OKとは言ったがGOではない by U.Suzuki」が出来てしまうのです…。

郵便物を配達する仕事をしている郵便局が、合法的に郵便物を配達不可能にする事が出来る…匿名配送サービスは完全にです…。

 

中国人は民度が低い人が多いためか、郵便物が途中で捨てられたりして、中々荷物が相手に届かないので、貴重な荷物を送る場合、送り主本人が直接相手に持っていくことが多いそうです。

 

日本人は頭が良くて悪い奴が居るため、2の郵便局員のような人物によって、合法的に特定人物の荷物を絶対に相手に届けなくする事が可能なのです。

 

日本の配送サービスが、匿名配送サービスだけになった途端、荷物は送り先に絶対に届かないというギャグとしか思えない事態に陥ってしまうのです…。

 

今相手にどうやって目の前の荷物を届ければ良いのか、途方にくれています…相手が送り先を書いてくれない限り、絶対にこの荷物を相手に届けられません…。

ある犯罪を犯せば、送り先を調べる事は可能ですが、残念ながら私の妹は法律家なので、そんな事をしたら私が合法的に始末されてしまいます…。

 

もう私は匿名配送サービスも、郵便局も一切使うことはないでしょう…郵便局なんかとっとと滅びやがれ。

 

この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

Paypayの恐るべきシステム

ちょびっとPaypayに手をだしたら、とんでもない目に遭ってしまったのでご報告します。

ヤフオクは簡単決済でPaypayが使えます。

Paypayの決済手数料は無料と書いてありますが実はです。

以下のページを見てください。

https://payment.yahoo.co.jp/buyer/fees/

全ての支払い方法が0円

のはずなのに、なぜか下に

特定カテゴリの場合は、手数料がかかります。

と書かれています…なんですかこれは?これで詐欺にならないんですか?

私はこれで、20万円近くの物を購入した決済にPaypayを使おうとして、あやうく5%=1万円近い金額を騙し取られる寸前まで行きました。

以前クレジットカードで同じ手口で孫に金を騙し取られた経験があったので、ギリギリ助かったのです…本当に恐ろしいトラップです。

そしてPaypayにチャージしてしまうと、現金に戻す手段が存在しません…たった一つの例外を除いて。

その例外とは、「チャージする前に本人確認をしておく」です。

これをしておくことで、ジャパンネット銀行に無料で出金できるため、現金に戻すことができます。

いつ本人確認をしたのか忘れましたが、とにかく現金に戻すことに成功しました…本当にギリギリセーフです。

ちなみにPaypayは個人500万円までしか保証がなく、それも100%戻ってくる訳ではなく、Paypayサービス終了時に現金として戻ってくる確率は不明だそうです…ほぼ0%に近いんじゃないですかね?

やっぱり孫正義は宇宙最強の詐欺師です…こいつ相手に人類が勝つことは不可能でしょう…。

地球に宇宙人が攻め込んできた場合、宇宙人側に孫を送り込めば、確実に地球人は勝てます…それくらい最強です。

 

この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

運用成績更新が止まっている理由について

このサイトの更新が6月以降止まっている理由に付いて説明します。

MT4のEAが損しまくってムカついたというのもありますが、本当の理由は、MT4のバージョンアップにより、外為ファイネストでMT4が利用できなくなったために、Windows10にアップデートしたら、とんでもなく不安定になり、まともにOSが動作しなくなったためです。

Windows10は信じられないほどクソOSで、どんなに頑張って安定稼働させようとしても、uptime99%維持すら出来ません。

当然Windows Update等の要らないサービスは皆殺しにしていますが、どう頑張っても、WindowsOSの基本設計がゴミなのでどうしようもありません。

いつも間にかmyfxbookも仕様が変わったらしく、ヴィジェットによる損益グラフが表示されなくなりました。

というわけで、一応MT4のEAによる自動売買は続けているものの、Windows10が非常に不安定なため、リアルフォワード公開した所で全く意味がないため更新していません。

まぁ、例えWindows10が安定して動いた所で、MT4のEAがゴミであることに変わりはないでしょう。

なお、TitanFXの口座はBeatriceシリーズが破産したため運用停止しております。

開発者のベアちゃん(旧名東京システムトレーダー)は、いつか天誅が下ることでしょう。

 

この物語はフィクションではありません。事実です。

PayPalはマジでクソ馬鹿集団

PayPalという中間決済サービスをご存知でしょうか?

PayPayじゃないですよ、PayPalです。

これが信じられないくらいアホ集団だと分かってしまったのでご報告します。

 

こいつら、顧客の情報を何も調べていません…つまり、詐欺業者でも楽勝で登録出来てしまいます。

で、取引後180日以内に意義申し立てしないと、保証金は支払われないそうです…。

全く買い手側の保証制度の意味がないです…。

要は、注文してお金を払ってから、180日経っても、注文した商品が届かなかった場合、もうお金を取り返す手段がないのです。

この180日というのが曲者でして、クレジットカードより保証期限が大幅に短いのです。

 

例えばAmazonで例えるとこうです。

 

  1. Amazonギフト券の有効期限は10年です(が仮に180日にします)、Amazonでギフトカードを買います。
  2. 100日くらいでAmazonに繋がりにくくなってきます。顧客は「調子悪いのかな」程度にしか思いません。
  3. 繋がるときと繋がらないときがどんどん頻繁に起こってきます。
  4. 何故か150日目あたりから、サイトに接続しただけで、物凄い数の警告がブラウザで出ます。
  5. 180日以上経つと、サイトが消えてしまい、Amazonギフト券は何も意味をなさなくなります…つまり完全に丸損です。

 

私はこんな感じで15000円騙し取られましたが、その程度で済んで良かったです。

とにかく調べてみると、PayPal保証って書いてあるサイトは、やりたい放題やってるみたいです。

現状PayPalが登録されている会社から何かを買った人の被害総額は不明です…。

間違った商品を送りつけてきても、異議申し立てしている間に180日経過してしまうくらい、PayPalの対応は遅いです。

つまり、保証業者としての役割が全く無いです

そして現在この脆弱性が悪用されまくっています…つまりPayPalと書いてあったら信用できるではなく、PayPalと書いてあったら詐欺サイトと思っていいくらい危険な状態です。

昔と完全にです…計画犯なのでしょうか?グル?

 

15年くらいPayPalを使用していたので、急いで報告しようと思ったら、全然緊急連絡先にたどり着けません。

それくらい連絡先を探すのが難しいくらい複雑なサイトになっており、もはや問い合わせが来るのをめんどくさがっているとしか思えません。

24時間以内に返答しますって書いてある所に連絡しても、全然返事返ってきません。

なんとか直接スペシャリストだかなんだかに繋がったので、詐欺の手口を説明しても、頭が悪すぎなのか、「規約」がどうとか「規則」ですんで等、全く無意味な発言を繰り返します。

 

てめぇじゃ話にならないから、もっと頭がいい奴呼べ!」とか言っても、「規則なので…」とか言いやがります…終わってます。

そんな事言っている場合なのでしょうか?PayPalは信じられないくらいバカ集団です…もはや詐欺グループとグルになっているとしか思えないくらい心底バカ集団なので、諦めました…。

 

昔はクレジットカードで買物すると危険なので、PayPalという保証会社みたいなのがあったはずなのに、もはやPayPalと書いてあったら買い物したくないくらい嫌な業者扱いになってしまいました。

 

さようならPayPal…もうあなた達の会社の役目は終わりました…残念です。

まぁ、なんとかPayとか今後どんどん誰も使わなくなっていくでしょう。詐欺業者とグルな可能性もありますから。

ほっといても自然淘汰で消えるでしょう…PayPalのばーか

 

この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

ANGEL PREMIUM RICHの口座を変更

ANGEL PREMIUM RICH
レンジ相場にも対応するAngel Heart USDJPYの進化版!

レンジ相場にも対応するAngel Heart USDJPYの進化版!?|?fx-on.com2018年2月の稼働以来、異様にエントリー回数が少ないANGEL PREMIUM RICH

大体同じ期間運用して、fx-on公式フォワードでは163回エントリーがあったのだが、うちでは57回と、およそ1/3しかエントリーがない。

原因は不明だ。調べるのもめんどくさい。

なので、試しに運用口座を外為ファイネストからTitanFXに変えてみる事にした。口座を変えるくらいならお手軽にできる。

 

まぁ単純に、一本勝ちを12ストラテジー稼働させたら、同じようなタイミングでエントリーされるので、レバがきついというのもある…ほとんどのEAが同じ方向にポジ持つし。

持ち株騰がるもあからさまなサイダー

本日持ち株の9723コーア商事が、増配と3分割を発表して騰がりました。

チャート画像

基本的に株は日経が暴落した時に適当に買って放置しているだけなので、あまりチャートはチェックしていない。

なので今日のチャートを見て、「13時頃に増配と分割発表があったのかな?」と思ってニュースを見たら、思いっきり引け後に発表だった。

あからさまなインサイダー…ずるい!としか言いようがない。

これだけのインチキが当たり前のように行われていても、株は理論上プラスサムで全員勝てるという平和な世界だ。

常に証券会社のインチキレートと戦わなければならない上、最後は全員負けるFXとは訳が違う。

いつまで経っても直らないOANDA東京サーバー

やっぱFXより株でしょ!