任天堂法務部の倒し方。知ってますよ。死ぬがよい

孫正義の倒し方、知ってますよ。討伐済みです

もっと強い詐欺師と戦いたい!

第二次スーパー詐欺師大戦!逆襲の孫正義の野望 !

開幕!!

 

…にはならず、「オーバーフロー!」の一瞬でMoneyを失った孫正義は、主に法律を使ってMoneyを取り返しに来るでしょう。

しかし既に法曹会には、地球最強の「任天堂法務部」をも凌駕する、宇宙最強の弁護士が居るのであった…。

逆転裁判成歩堂龍一…よりにもよってまたしても、ゲーム会社CAPCOMのキャラクターである。

 

損「よし!こいつに頼めば俺のMoneyは返ってくるぜ!楽勝だ!ざまぁみやがれ瞬!今度はてめぇのMoneyをゼロにしてやるぜ!

 

一瞬の油断が命取り成歩堂龍一は、同じ組織の仲間だったのに孫は気付いていなかったのである…致命的な索敵ミス。

 

孫正義は、自ら「死の選択」を選んでいたことに気付いていなかった…身の程知らずにも程がある。

そして孫正義はんだ

(なお、Creditの無い孫正義の依頼を、なるほど君が引き受けるかは不明です。)

 

この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

 

なお、ここまではプロローグであり、ここからが本編です。

ここからが、実在の任天堂法務部を倒した人物の話です(仮名Y.M)

その人物のエピソードを一つ紹介するとするならば…

  1. スティーブン・スピルバーグという有名な人が会社に遊びに来ました。
  2. スティーブンが、Y.Mの作った布処理を見た瞬間Bravo!!!!!!!!!Give Me Sign!!!!!Please become a Friend!!!!
  3. 一緒にLove & Pieceでパシャリ(Took a photo)

この間、5分間もかかってないんじゃないですかね?

 

で、本題の任天堂法務部 vs Y.Mですが…法廷記録はありません。

何しろ法廷が起こる前に決着済みなので…法廷バトル?起こってないので仮想戦記みたいなもんです。

  • いわっち「3DSで赤外線撮影?嘘つけよ!…なんでできてるの?
  • Y.M「2つのカメラを使ってですね…以下略」
  • いわっち「なるほど…完敗だ…一切の反論すら許されない
  • Y.M「ですが、この機能を使うには…以下略」
  • いわっち「呼べ!どうだ?よしフォーマットは完璧だ!やれ!
  • Y.M「OKではなくGO!ですね。じゃあこの契約書に…」
  • いわっち「(ふふふ…これでこの技術は俺のものだ…ふふふ)」

後日

任天堂法務部「訴えた瞬間、会社が消えます。もうだめぽ

いわっち「(こいつらクソよぇえ…もう死のうかな…)

 

そしていわっちは死んでしまいました…彼の役目は終わったのです。

 

この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

でも、分かる人には答えがすぐに分かります。

バーチャファイター…おおっと。

孫正義の倒し方、知ってますよ。討伐済みです

人類では討伐不可能と思われていた宇宙最強の詐欺師「孫正義」ですが、なんと!既に討伐されていました…。

倒したのはCAPCOMというゲーム会社のTASさん(なんか間違っている気がするので仮)…西暦でいうと2007年6月7日よりちょっと前くらい…でしょうか?(曖昧な表現)

まぁめんどくさいんで、動画で証明しましょう。

オーバーフロー!

たったこれだけで、いきなり奴を破産させる事ができてしまうのです…本当に一瞬で破産です…なんですかこれ?あほらし…。

これだけでは多分駄目なので、当然の如く、オーバーフローと同時にアンチロールバック(あるのかな?)を発動させます。

さらにブラックアウト(停電)発動&デッドロックを狙うため

全発電所の破壊

全補助電源の破壊

全バッテリーの破壊

begin

commit

rollback

savepoint

lock

declare cursor

open

fetch

update

dropdb

delete

rmdir

rm

deluser

groupdel

shutdown

halt

reboot

kill -9

 

とにかくDBを全削除するくらいの勢いで、思い付く限りのsqlやコマンドを、限りなく無限に近い数を一瞬で打ち込むのです!Infinity Command Attack! & HALT  Double!(なんか呪文みたいですが、alphabetは全て単なるsqlやらLinuxのコマンドです。hacker=wizardって奴です)

しかし、こんなの当然の如く孫は対策済みなのです…何しろ奴は宇宙最強の詐欺師ですから…。

つまり…奴もTASを使って迎撃してくるはずです…ということは…。

より強いTASを持っている奴が勝つ!

 

…つまんねぇ。

TASさんは時空を操れる(単にState Loadで、Saveポイントに戻れるだけ)ので、時間という概念は無意味です。

しかし、TASさんのエネルギーは電気らしいので、エヴァンゲリオンで行われたヤシマ作戦みたいに、単なる電力対決となります。

やってることは、ドラゴンボールの元気玉と大して変わりません…あほくさ。

 

そもそも、元ネタの「株トレーダー瞬」が発売されたのは、2007年6月7日なのです。

現在は2019年…12年も前…気付くのが遅すぎです…。

もう、第100億次スーパTAS大戦とかいう、頭の悪そうな戦いをやっててもおかしくないんじゃないですかね…しょうもなさすぎです。

 

この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

自動翻訳機は作れない2

https://translate.google.co.jp/

Google翻訳の機能を見縊っていました。

これ、自分で翻訳用語を追加できるのです。

情報の修正を提案」という機能があるのです。

何故か日本語を日本語に翻訳しても、この「情報の修正を提案」という機能は使えます。訳が分かりません…。

 

とにかく「東証=俺の財布」など、色々追加しまくると、真の翻訳機が完成する可能性があります。

でも判断を行っているのがAIだったとしたら…意味ないですね。

 

バックエンドの処理がわからないので、何も意味のない機能の可能性があります…。

色々翻訳用語を追加していくと、なにか変化が起こるのかは現段階では不明です…。

 

この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

自動翻訳機は作れない…多分

Google翻訳という便利なサービスがあります。

https://translate.google.co.jp/?hl=ja

英語が苦手な私は、かなりこいつを乱用しています。

おかげで海外通販をかなりスムーズに行うことが出来ます。

もう英会話教室とか英語教育とか要らないですね。

 

しかし困ったことに、自動翻訳機は絶対に作れそうにありません。

ためしに「」と入れると「Money」と表示され、

なんか選挙結果みたいな感じになってしまいました。

と入れるとGold」と表示されるべきな気がするのですが…。

ためしに「お金」を翻訳すると

まぁ、結局は「money」なのですが、なんでmが小文字なんですか?

そして、下の選挙結果みたいなグラフからGoldは消え去りました…言語には確率論が存在するみたいです。

そして「信用」を翻訳すると「credit」みたいです。

信用金庫…なんか街中でそんな看板を見かけます。

クレジットカード…説明する必要無い気がします。

 

借金」という嫌な感じのイメージの単語を入れると「debt

信用創造」という、銀行がよく使う用語があるのですが、これは「借金」と大して変わらない気がします…違うのは対象が企業か個人…でしょう。

 

まぁ要は、「金」という単語一つを英語に翻訳しようとするだけで、これだけ大混乱に陥ってしまうのです。

 

自動翻訳機…完成しそうにないです。

自動翻訳機を作るためには、もうバグや矛盾だらけの世界を再構築するしかないのです…。

そもそも世界の再構築を行う羽目になった場合は、宇宙統一言語を最初に作ればいいのです…翻訳機なんてそれで必要なくなります…。

更に言うと、言語…いらないんじゃないですか?通信機能標準装備ですよ…おそらく全生命体に。

 

この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。